STORY

下田割烹えんは、幕末の風情を残す下田ペリーロードに2014年、誕生いたしました。

下田の豊かな海鮮、野菜を、東京神楽坂で花板を務めたオーナーの監修のもと、カジュアルなスタイルでご提供します。観光で訪れた方だけでなく、地元の方にもふらっと立ち寄っていただける新しいバルスタイルの割烹です。また、和食だけでなく、イタリアンを取り入れており、開国の地としてふさわしい、海外の方にもお越しいただけるKAPPOUを目指しております。

“SHIMODA KAPPOU ENN” was opened in Perry Road in 2014. The road have an atmosphere of EDO period in 1853, Commodore Matthew C Perry arrived in Japan to force the opening of Japanese ports to American trade. Perry Road is known as Commodore Perry walked. We serve the rich local seafood and vegetables of Shimoda in a contemporary KAPPOU(Traditional Japanese way of cooking) style. Our supervisor has had experience as a head chef in Kagurazaka Tokyo for over 5 years. Enn is cozy bar style restaurant and we welcome to the tourists and also local residents.

当店は一般社団法人 下田HOMIEが運営しております。下田HOMIEは、既存の有形・無形資産を存分に生かし下田・伊豆地方の地域活性化活動を目的とした事業を展開しております。

下田HOMIEについて

General Incorporated Association SHIMODA HOMIE runs this restaurant. “SHIMODA HOMIE” develops the business aiming regional vitalization activities of Shimoda and Izu district.

FOUNDER

下田 ご飯下田 ご飯下田 ご飯